2016年9月22日 (木)

何か変?

暑さ真っ最中の8月 亡き婆ちゃんが可愛がっていた鉢植えのリンゴの木(姫リンゴ)が熱中症?で葉が茶色になり枯れ落ちた。管理がヘタでもうダメと諦めていたところ9月に入り芽吹き始めそれが今満開のリンゴの花を観賞してます。5月に咲き 今2度目、狂い咲きですね。

Sp1030291_2

彼岸花 こっちはお中日に満開でその花の名の正確さに驚かされます。

Sp1030294_2

17,18日 我が家から車で10分足らずの大広場ガーデンパークで第10回 浜名湖アートクラフトフェアが開催された。
全国から350の作家による作品展で 生憎の天候だったが丁度雨間に廻る事が出来た。
350のブースは自慢の手作り品が並び見応えがあった。

Sp1030283_2

Sp1030289

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 1日 (火)

3:4:5日 はままつまつり だよ!!

神社仏閣に関係なく 子供の誕生を祝って初凧を揚げる 市民参加の祭りです。
凧揚げ祭り 凧揚げ合戦 とも呼ばれその歴史は古く200年いや400年前かららしい。
今年は173町の初凧と83町の御殿屋台が参加と聞く。当地は昔から各地で大凧を揚げる風習があり この浜松凧揚げ祭りは 直径5mmの公式糸で凧糸を絡め糸切り合戦をしたりする。 凧の大きさは4帖(2,4m四方)から10帖(3,6m四方)が有り ケンカ凧は4~6帖凧だ。 かつて切られた大凧が西風に乗り250km離れた東京湾東まで飛んだ事も、、、

夜になるとライトアップされた各町の豪華絢爛な御殿屋台に お囃子の笛太鼓に三味線の音を響かせ引き回しされる様は一大絵巻きだ。
今年新調されたある町の御殿屋台は8,500万円で他にも1億円級が競い合ってるとか。
昼中は凧揚げ合戦 夜は御殿屋台の引き回しで賑わう浜松祭りに例年100万人以上の人出があり 昨年中止だった事も有り 初子を祝う数が多いので盛り上がりが凄い勢いだと聞く。
必見の価値有り はままつまつり です。  乞う ご期待!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 6日 (木)

浜松まつり(凧揚げまつり)

凧揚げの起源は古く 4~500年前と聞く、大衆化されたのは江戸から明治頃とされ 初子が 男 だと 凧 を贈りそれを揚げて祝った。  現在174町が 凧揚げ合戦 に参加し 初子凧には4~6帖の大凧が普通で10帖迄が一般サイズです。 畳のサイズと違い 美濃紙のサイズで 4帖は美濃紙48枚で2,4m四方  6帖は72枚 2,9m四方  10帖は96枚 3,25m四方 で畳で云う4畳半位が普通で 8畳位の大凧が乱舞し 喧嘩凧は糸を絡め合い糸切り合戦が始まる。糸の太さは直径5mmで やがて煙が上がり 切られた凧が風に吹かれて飛んでいきます。ラッパ隊が糸きりの景気付けをし 練り が始まります。  夜は80町余の豪華絢爛の御殿屋台が ラッパ隊と 練り と一緒に観衆を酔わせます。人出は多く 昨年は雨も会ったが 148万人が、  今年は晴天が続き すごい人出だった。さてどれ程の人出だったか?、、、正式発表が待たれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月28日 (土)

哀れな姿になっちゃった大銀杏

先日 地域の ファミリーウオークに 孫と参加した。場所は愛知県一宮のシンボルツリーの大銀杏を見るコースです。10月中頃 このコースの下見に行き みごとな緑の大銀杏を見た。パンフでは11月中頃より黄葉が進み偉大な容姿が案内されていた。さて 当日見た大銀杏は 10月の季節外れの台風被害に遭い 哀れな姿になていた。それでも参加者はこの大木に感心していた。200910_004 200911_002

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月23日 (月)

日本初開催 浜名湖立体花博が閉幕

今日23日 66日間開催された浜松モザイカルチャー世界博2009が閉幕です。会場が近い為21日午後3時半過ぎに入場、明るい時間帯とナイターのライトアップされた作品の両方を観た。も少し早かったら記念すべき80万人目の入場者になったかも、、、、。さまざまな花や葉を組み合わせて作るモザイカルチャー作品の博覧会で世界25カ国91作品が展示されていた。人と自然のシンフォニー をテーマニに見事な作品だった。写真1日本(浜松市)うなぎ、いぬ 2 カナダ(モントリオール市)木を植えた男 3中国(藩陽市)祈福門200911_001 200911_008 200911_013 いずれも高さ5~6mの大作です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月12日 (月)

直径2m超の大太鼓秋祭り

この大太鼓6台保有するも 曳く人不足で 各町1台づつの3代が 五穀豊饒 無病息災を祈願して 耳をつんざき 腹迄響くほど大きな音を自慢する様に叩き合いながら町を練ります。大人は90cm 子供は60cm程のバットの様な太鼓ぶち(ばち)を握りこぶしそのままを直接太鼓にぶつけて大きな音を出します。お囃子は 道中(歩きながら、、、)練り込み(家戸付け)の2通りあり4曲あります。夜は提灯に灯が入り 笹屋台 提灯屋台となり連ねて動きます。この屋台には太鼓だけで人は乗りません。10,11日 お宮を出発各町を回りお宮に帰るコースで行われました。200910_053 200910_043 200910_066 200910_069

| | コメント (0) | トラックバック (0)